ユニットの工場・各種施設用カタログNo.SH-20A
29/621

2341441234 第Ⅱ管理区分〈85dB(A)以上〜90dB(A)未満〉●第Ⅱ管理区分の区域を標識により明示●環境改善の措置●必要に応じ保護具の着用JIS規格安全標識イヤーマフ802-621A 本体 ¥1,400(税抜)サイズ: 450×300×P.141377-79 本体 ¥8,800(税抜)出荷目安▶   (無印)…当日   …3営業日   …5営業日   …7営業日   …10営業日P.409騒音管理区分標識耳栓(使い捨てタイプ)P.409耳せんP.68掲載ページ掲載ページ872-19A本体 ¥2,200(税抜)10個1組掲載ページ820-03本体 ¥2,880(税抜)サイズ: 450×600×1.2mm厚P.143掲載ページ872-16 本体 ¥400(税抜)P.409掲載ページ820-07 本体 ¥1,500(税抜)サイズ:300×600×1.2mm厚P.143掲載ページ掲載ページ1.2mm厚第Ⅲ管理区分〈90dB(A)以上〉 ●第Ⅲ管理区分の区域を標識により明示●保護具着用の掲示●環境改善の措置●保護具の着用騒音管理区分標識中災防統一安全標識800-18 本体 ¥1,400(税抜)サイズ: 400×300×1.2mm厚〈付属品〉両面テープ26騒音管理区分騒音を発する場所の明示等 −−−− 安衛則 第583条の2事業者は、強烈な騒音を発する屋内作業場における業務に労働者を従事させるときは、当該屋内作業場が強烈な騒音を発する場所であることを労働者が容易に知ることができるよう、標識によって明示する等の措置を講ずるものとする。騒音障害防止用の保護具 −−−− 安衛則 第595条の2事業者は、強烈な騒音を発する場所における業務に従事する労働者に耳栓その他の保護具の使用を命じたときは、遅滞なく、当該保護具を使用しなければならない旨を、作業中の労働者が容易に知ることができるよう、見やすい場所に掲示しなければならない。騒音レベル第Ⅰ管理区分〈85dB(A)未満〉●第Ⅰ管理区分の状態の維持に努める●標識の明示義務無し

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る