ユニットの工場・各種施設用カタログNo.SH-20A
62/621

1■ JIS Z 9101 図記号―安全色及び安全標識―安全標識及び安全マーキングのデザイン通則■ JIS Z 9103 図記号―安全色及び安全標識―安全色の色度座標の範囲及び測定方法2■ JIS Z 9101 ISO3864-1:2011の内容を反映する改正基本形状の外縁を削除安全状態標識及び防火標識に用いた長方形を削除、そして補助標識の基本形状の種類から削除し、新たに補助標識に移した。白a)白a)白a)赤青黄緑赤円黒黒黒白黒色白a)白a)白a)白a)注a) 昼光下における、蓄光材料の色を含む。赤黄赤黄円及び斜線正三角形正方形正方形長方形安全標識JIS規格改正概要安全マーキングのレイアウト安全マーキングのレイアウト及びその意味は、表3を参照する。色帯はおよそ角度が45°に傾いた、等しい幅でなければならない。■ JIS Z 9103 新しい色度座標の範囲を策定表1ー基本形状の安全色及び対比色の一般的な意味安全色表2ー補助標識の基本形状、背景色及び対比色表3ー安全マーキングのレイアウト、色及び意味一般材料の安全色の改正前及び改正後の色及び対応安全色(ISO3864-1)(注)対比色の白・黒については、色の再現性における実用性の観点から次の通り調整。白:改正前 N9.5→改正後 N9.3、黒:改正前 N1→改正後 N1.5基本形状意味禁止指示注意警告安全状態防火基本形状意味補足情報レイアウトマンセル参考値改正前改正後7.5R 4/152.5R 6/142.5Y 8/148.75R 5/125YR 6.5/147.5Y 8/12黄赤側に寄っていて明度が低く、1型・2型色覚の人が黄に感じにくいため、赤みを抜いて1型・2型色覚の人には緑ではなく灰色に感じられ、ロービジョンの人には青と見分けにく緑5G 5.5/10青2.5PB 3.5/102.5PB 4.5/10明度が低く黒や赤紫との見分けが難しかったため、ロービジョンの人が緑と見分けられる2型色覚の人が緑や灰色と見分けにくいため、青と見分けられる範囲で青みに寄せた赤紫2.5RP 4/1210G 4/1010P 4/10対比色背景色背景に対する対比色安全標識の安全色黒又は白黄/黒危険な場所及び次のようなリスクのある場所の障害物ー衝突、落下、つまずきやすい場所赤/白青/白指示を示す場合緑/白安全状態であることを示す場合1型色覚の人が黒と誤認しやすかったため、黄み側に寄せた赤が黄赤側に寄ったため、黄みに寄せ色相を離した図記号要素の色補助標識の情報の色あらゆる色意味/用途対応明度をややあげたかったため黄みに寄せた範囲で明度をやや上げた使用例ー 禁止ー 飲料不適ー 接触禁止ー 保護めがね着用ー 保護具着用ー 手洗い励行ー 高温注意ー バイオハザード注意ー 電圧注意ー 救護室ー 非常口ー 避難所ー 火災報知器ー 消火設備ー 消火器潜在的危険を注意警告する場合立入禁止の場所59JIS規格安全標識〈改正の概要〉改正規格(2018年4月20日改正)

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る